効果の持続期間

メンテナンスオシャレの一環としてアートメイクを行う人もいますが、その持続年数が気になる人もいるはずです。アートメイクは定期的なメンテナンスを施せば、ある程度の期間、その状態を維持できます。アートメイクが初めての方は気になる点だと思いますが、この持続期間はどの程度なのでしょうか。

その効果期間ですが、2年~3年程が一般的だと言われています。もちろん個人差はありますので、それ以下、それ以上の人も出てくるでしょう。ちなみに、長い方の中には5年程持った方もいるようです。

上記のようにアートメイクは効果を持続できますが、より長く持ちさせたい方は、やはり定期的なメンテナンスが大切です。専門機関でメンテナンスをしっかり行えば、いつまでもキレイな状態を維持できます。また、その反対に、アートメイクを施す際に薄めに仕上げておき、2~3年ごとに色や形を変えていくという方法にも人気があります。このように、アートメイクには様々なオシャレの方法があります。また、刺青のように、一生涯消えないものではありませんので、興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アートメイクの痛み

お化粧の下地として人気のあるアートメイク、みなさんの中にも興味がある人は多いのではないでしょうか。アートメイクでは皮膚下部を染色して行うお化粧の一種になりますが、実際には、皮膚下0.01mm~0.03mmの部分に色素を入れます。

クリニック似たような染色法として刺青がありますが、刺青の場合は皮下組織に色を入れますので、その色は一生消えません。その一方で、アートメイクはそれより浅い部分に染色しますので、たとえ色素を入れても、3年程度で落ちてきます

アートメイクを既にしている人、これからする人、また。興味がある人など様々ですが、これからする人にとって気になるのが痛みではないでしょうか。アートメイクはニードルを用いて行いますので、その痛みが気になるのは当然のことだと思います。実際のメイクは皮膚に針を刺して色素を注入していきますので、ある程度の痛みは伴います。痛みの程度は個人差がありますが、一般的に、眉の毛を抜く程度の痛みだと言われています。

アートメイクは医療行為ですので、医師のいるクリニック等で施術が可能です。クリニックであれば、麻酔をしてくれますので、麻酔を使用するクリニックを利用すれば、ほとんど痛みがなく施術できます。

参考≪https://www.shirono.net/operation/artmake/medicalartmake/
・・・麻酔クリームを使用してアートメイク施術を行うシロノクリニックです。

アートメイクについて

知っていると言われているアートメイク、みなさんの中にもしている方がいるかもしれません。アートメイクというのは、化粧よりも自然な仕上がりを期待できるオシャレの方法です。実際には、皮膚下の部分に専用ニードルで染色して、キレイに仕上げます。前述のように化粧よりも自然に感じになり、また、より美しい肌になれます。

アートメイクアートメイクが初めての方の中には刺青をイメージする人もいるようですが、刺青とは異なり、痛みが少ないのが大きな特徴です。また、刺青のように染色がずっとそのまま残るのではなく、数年程度で色が消えていきます。このように様々な特徴があるアートメイクですが、もともとは、鮮やかにハッキリと目立たせるのが目的ではありません。ひとりひとりの肌の状態や顔の表情、また、肌や骨格などを考慮して、目立たなくより自然な仕上がりになることを目指して行います。そのため、日頃行うお化粧の基礎になるものと考えてもらえるとわかりやすいです。

アートメイクの大きな特徴は、化粧のように水に濡れても落ちないことです。そのため、様々な場面で威力を発揮してくれます。海水浴をはじめ、プール、マリンスポーツなど、人に素顔を見せたくないような場面などで効果を発揮してくれます。また、休日時の外出など、お化粧が面倒に感じる際も効果的です。そして最近では、医療現場でも利用されています。このように様々な効用を期待できる、それがアートメイクの大きな特徴と言えます。