アートメイクの痛み

お化粧の下地として人気のあるアートメイク、みなさんの中にも興味がある人は多いのではないでしょうか。アートメイクでは皮膚下部を染色して行うお化粧の一種になりますが、実際には、皮膚下0.01mm~0.03mmの部分に色素を入れます。

クリニック似たような染色法として刺青がありますが、刺青の場合は皮下組織に色を入れますので、その色は一生消えません。その一方で、アートメイクはそれより浅い部分に染色しますので、たとえ色素を入れても、3年程度で落ちてきます

アートメイクを既にしている人、これからする人、また。興味がある人など様々ですが、これからする人にとって気になるのが痛みではないでしょうか。アートメイクはニードルを用いて行いますので、その痛みが気になるのは当然のことだと思います。実際のメイクは皮膚に針を刺して色素を注入していきますので、ある程度の痛みは伴います。痛みの程度は個人差がありますが、一般的に、眉の毛を抜く程度の痛みだと言われています。

アートメイクは医療行為ですので、医師のいるクリニック等で施術が可能です。クリニックであれば、麻酔をしてくれますので、麻酔を使用するクリニックを利用すれば、ほとんど痛みがなく施術できます。

参考≪https://www.shirono.net/operation/artmake/medicalartmake/
・・・麻酔クリームを使用してアートメイク施術を行うシロノクリニックです。